東京メトロ千代田線6000系臨時列車に乗車

10月5日を最後に、東京メトロ千代田線の6000系が定期運用を終了しました。

その後10月13日から11月11日までの間、土休日に綾瀬〜霞ケ関間の1往復で6000系の臨時列車があります。今回はその臨時列車に乗車しました。

乗車駅は勿論綾瀬です。

13:29発の各駅停車霞ケ関行きが、6000系の臨時列車です。

臨時列車のせいか先発を含めて時刻は未表示でした。この時ダイヤは乱れていません。

そして来ました、6000系です!

ホーム先端は非常に撮影者が多かったので7号車辺りで入線時の様子を撮影しました。その為行き先表示が若干ブレています・・・。入線時は「回送」表示でした。

6000系は殆どが廃車され、一部はジャカルタに譲渡されています。現在は6102編成と6130編成の2つのみが残っています。この日使用されたのは6130編成でした。

行き先表示はLED式です。

千代田線は殆どが代々木上原行きか小田急線直通運用なので、霞ケ関の表記は非常に珍しいです。

実は6000系に乗車するのは今回が初めてです。千代田線は何度か利用した事はありますが、東京メトロの車両では16000系しか乗車した事がありません。6000系と同時期に製造された有楽町線副都心線7000系は何回か乗車した事があります。

6130編成はドア上に案内表示がありますが、千鳥配置となっています。6102編成は案内表示がありません。

反対側には千代田線や東京メトロ全線の路線図が記載されております。

7号車に乗車したので車番は6730です。

座席はロングシートの割には座り心地が良かったです。座面もクッション性がありました。古い車両は大体座席が良いんですよねw。

次は霞ケ関終点です。

綾瀬から霞ケ関までは30分です。本当にあっという間でした。

終点霞ケ関に到着です。

後続列車が接近していたので、到着後すぐに発車しました。

霞ケ関駅近くには日比谷公園があります。

復路の綾瀬行きにも乗車します。

霞ケ関14:16発です。停車時間が短い上に撮影者が非常に多かったので行き先表示しか撮れませんでした。

今回は乗車がメインでしたのであまり良い写真はありませんが、来週か再来週辺りに今度は撮影メインで行きます。霞ケ関行きは撮影のみで綾瀬行きに乗車しようと思います。撮影場所は大手町辺りを考えています。

そう言えば10月13日は、同じく千代田線と直通先のJR常磐線各駅停車で活躍したJR209系1000番台のラストラン団体列車走行日でした。209系1000番台は12月から中央線快速に活躍の場を移しますが、6000系の最後まで残った2編成はどうなるのか気になります。廃車解体されるのかジャカルタに譲渡されるのか不明ですが、何らかの形で先頭車だけでも残してほしいと思います。

6000系は来月で完全に引退しますが、まだ似たような車両で副都心線7000系半蔵門線の8000系が残っています。8000系は大幅に改造されてしまいましたが、7000系はまだ登場時の原形を留めています。ただ7000系・8000系も近いうちに引退の話が来るかもしれないので、早めに乗車した方が良いです。

という訳で以上、6000系臨時列車に乗車した記事でした。

今回はここまでです。ではまた次回。