9月4日 サンフランシスコ講和会議開幕 ( 歴史 )

1951年、サンフランシスコ講和会議が開幕。9月8日に「対日講和条約」「日米安保条約」に調印。

日本国との平和条約は、第二次世界大戦におけるアメリカ合衆国をはじめとする連合国諸国(ただし中国は除く)と日本国との間の戦争状態を終結させるため、両者の間で締結された平和条約。

本条約はアメリカ合衆国のサンフランシスコ市において署名されたことから、「サンフランシスコ条約」「サンフランシスコ平和条約」「サンフランシスコ講和条約」などともいう。1951年(昭和26年)9月8日に全権委員によって署名され、同日、日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約も署名された。翌年の1952年(昭和27年)4月28日に発効するとともに「昭和27年条約第5号」として公布された。

この条約によって正式に、連合国は日本国の主権を承認した[注 2]。国際法上はこの条約の発効により日本と、多くの連合国との間の「戦争状態」が終結した。条約に参加しなかった国との戦争状態は個別の合意によって終了している。

サンフランシスコ平和条約http://www.y-history.net/appendix/wh1602-014_1.html