「君の膵臓をたべたい」をみにいって

今日は土曜日、仕事も休めた。そして今日は1日で、映画を安く見れる日だったため、映画を見に行くことにした。

少し前にテレビでやっていた。「君の膵臓をたべたい」が思ったより面白かったので、せっかくだから、アニメ映画を見に行くことにした。そういえば、初日の第一回目に映画を見に行くのも初めてだったなあ。というか、僕の住んでいるところは、どちらかというと、都会とも田舎ともいえない環境だとはいえ、初日から映画館の席が半数以上開いていたけど、アニメ映画って、こういうのが普通なのかな?

さて、感想を書こうと思う、今回は多分ネタバレはあまりない。

まあ今回は、ストーリーは実写映画のほうでしっかりと分かっていたので、特に言及はしない。しいて言うと、実写映画と違って、回想ではなく現在のことと扱われていた点は気にはなった。

それを抜いても、映像も、まあ、最近のアニメ映画としては、普通かもしれないが、結構きれいだし、画風も、比較的自分好みだった。それと、僕は、割とそこらへんあまいし、主人公が常にテンションが低いこともあるが、主人公役の高杉さんの演技が割と、よかった気がする。

総じて、見に行ってよかったなと思った。それと、ちょっと気分が乗っていたこともあって、いつもより少し調子に乗って、いつもはほとんど買わない劇場グッズを買ってしまった。いずれ役に立つといいな。